好きな人の顔を思い出せないということ

 今日も好きな人の顔を忘れてしまう。知らない間に忘れていく。

 高校生の頃、先生の顔を見てから、必死にその顔を、表情を、家に着くまで頭の中で繰り返しながら下校したことがあった。結果は、学校を出てから30分程で思い出せなくなっていた。

 嫌だねえ、写真では思い出せる。しかしその写真のペラペラとした瞬間のみだ。脳内はどうなっているんだろうね。解明するのにどこから手をつけて良いものかわからない。写真は可。声も思い出せる。好きな人とはlikeではなくloveの方。

 「好きな人 顔 忘れる」で検索すると、私以外にもそういった人がいることがわかるだろう。思い出せる共通点(声と写真での姿は思い出せる)も一致している。日本はもちろんのこと、アメリカの論文まであさってみたが、心理学と脳科学的には未だ解明されていない現象だ。心の中で図形を思い出して回転させて、回転にかかった時間を計るといった研究は存在する。所謂Mental rotationというものだ。

 また、認知心理学でいうところの「記憶」というものの定義は、思い出す時に3つの段階をたどるものだ。その3つの段階は、①記銘②保持③想起。この3段階が行われて初めて記憶という。簡単に言えば、①目や耳などで脳が情報を受け取り②その情報を頭の中に維持し③必要な時に思い出す、という段階を踏んでいなければならない。したがってこの現象は、②の保持が出来ていないため、「記憶できていない」ということになる。つまり、③の想起の段階ですらなく、②の保持から躓いてしまっているのだ。

 脳科学の方からこの問題について考えてみる。自分の好きな人の顔を、初めて認識したら、その胸の高鳴りは相当なものだろう。脳は、好きな人の顔を常に新鮮で新しいものとして捉えたいのか。好きな人を認識した瞬間というものを、毎回求めているのかもしれない。人は、自分がまだ経験していないものや、自分の持っていないもの、つまり「新しいもの」に興味が湧くものだ。感覚的にそうだと言えるだろう。脳科学的にもそれは正しい。脳の「黒質/腹側被蓋野(SN/VTA)」という部位は、新しい情報を処理する中枢部となり、新しい刺激に反応する。そしてその部位は、記憶に関して重要な役目を担っている「海馬」や「扁桃体」に結びついている。この「SN/VTA」は、全く新しい刺激を与えられた時にのみ活性化する。

 また研究によると、中枢神経系に存在する神経伝達物質であるドーパミンは、それ自体が報酬になっているのではなく、報酬を探し出すための意欲に関係している。即ち、新しいものを認識すると、ドーパミンが放出され、報酬を探したくなるというわけである。

 見たことのない人の顔を、見てないうちから好きになることはありえない。しかし、そう仮定し考えてみると、説明できない現象が頭の中で起こっているといえる。上手く言えないが……好きな人をAさんとすると、要するに、「Aさんを好き(love)である状態」の脳内が備わってから、「Aさんを好きになる」という不思議な現象が起こってしまう。「Aさんを好き(love)である状態」とはどういうことかを詳しく述べると、好きになる以前の脳とは異なり、好きな人を見ると、ドーパミンを多く含む脳の報酬系尾状核腹側被蓋野にあるニューロンが変化する状態の脳のことである。

 「その状態の脳のまま、SN/VTAの活性化のために、保持を行わないのである!」と結論を出したら少々いきすぎか。それか、Aha experienceのように、交感神経の作用による瞳孔が開いた状態を求めているのかもしれない。しかしAha experienceは「未知のものの認識」でなくては起こらないとされている。

 

 あー、全くこの現象の仕組みはよくわからない。結論は今のところ、世界的に見て出ていない。拗ねちゃうぞ。しかしこのおかげで、私は今日も新鮮な気持ちであなたの顔を見ることができるのだ。

 えー、プログラミングをしなくなって数ヶ月が経ちました、いかがお過ごしでしょうか……。どうしようかな、続ければ飯は食えるんですよ!多分ね。ライターもやったことあるけど、お小遣い程度しか稼げなかったし、心理学のことで記事を書いたのだけれど、まだまだ未熟だと感じてそれで終了。心理学だ!しゅばばばばって詳しく書いてOK貰って、うきうきしながら私が書いた記事を見に行ったら、一般の方向けにハチャメチャ改変されていて、アッハイで終了。アルバート・エリス氏の論理療法の本「自分をみじめにしないためには」が目に留まって憂鬱の毎日……あれは良い本だ。

 終了ではないんだよな、今のところ。なんとかやっていかねばー、という気持ちを後押ししてくれるのが不変的なAll you need is loveであり、愛は可変です。しかし最高潮を漂いつつ、様々なことを考えている。悩みは尽きなくて、これこそ人間!生きてるって感じがするね。

 私は格好つけたがりだからこのブログで応答すると、あなたはすごいよ。理由?それ訊いちゃう?この私が言うんだからすごいに決まっている。その安心の波にぜひ漂ってそばにいて欲しい。人間、言葉によって認識が歪むのですごい。したがって、決して自分をみじめにだけはするな。ここでもlove...と言いたいのだけれど、どうしてもチープになる気がするし、そういうことは本人に直接言うことだよね。

 ・-- -・・- -- --・ -・ ・-・・ ・・・- 

 ・・- ・・-・- -- --・ --・・ ・-・・ ・・・- 

 -・- -・ --・-・ -・・・ ---・- ・ ・・ ・-・-- ・-・-- ・・ ・-・・ ・-・-・ --・-・ ・・ -・--・ 

 ---- --- ・-・・ ・・・ -・・-・ ---・ -・・・ ・・ ・-・-- ・・  

 --・-- ・-・ -・ ・ ・・-- --・-- ・- ・--- 

 と言いつつモールス信号。きゃーはずかしー。

 最近はえっと…第二次世界大戦のドイツ軍の戦車、恐竜、治療薬とサプリメント……あとフロイトの自我論集読んだりしてる。ぐう楽しい。楽しいからいいのだ。わっはっは。……プログラミング、やらないとな……。

 なんとか毎日を生きます。


Deep Purple - River Deep, Mountain High (Ike & Tina Turner cover)

 こんにちは。今日も、私の負けだと言わせたいような、不変的な幻……。知らない過去の記憶がともすれば、私の首とこれからの未来を締め上げていく。笑い飛ばせ!お酒だ、持ってこい!全くみじめだ。笑う。

 昔は、楽しいことに自然由来のブーストをかけていた。強烈な楽しさと苦しさの中、笑い飛ばせないような刺激の中で生きていた。だけども現実では、随分とモタモタしているように見えただろう。これからは時間を買ってのんびり生きたい。苦味は鼻を抑えても無駄で、飲み干した後はvapeのナッツ味のリキッドで落ち着いたように見せかけて…唐突のMy blood runs cold!からの、Oh well, whatever, never mind. 

 平成最後の夏、一段と飛躍していきたい。「精神 向上」で検索をかけると、抗不安薬についてのページが表示されるのをやめろ。病院通うのをやめて一ヶ月程経った現在、薬飲まないとダメかなって思っていたけれど、飲まなくてもやっていけるようになって嬉しい。精神力あなどれない。

 


Ty Segall - My Sunshine

 脚をずっと組んでいたら疲れた。雨の中、雨宿りに、途方にくれ、風を思う。側にいたい。明るい街灯の下で、人の目が落ち着かなく、私はそこに佇む。ソファーに寄りかかった100錠の薬と、弛ませた煙と、落ち着きのない視線がくらなす日々。しょうもない日々をしょうもなくなくする為に、はためく視線を絡ませる。はためく服、布団に沈む肉、今日も沈む太陽。明日も昇る太陽。天井から覗く青空と、上る煙に絡ませる指。今日も沈む液体。

 99%の期待と1%の絶望。気合を入れて日々を乗り越えようとしている。側には過去の大きな待望。乗り越えようとする跳び箱ではない。笑顔で見送ってほしい。人生に指揮棒を振れ。希望を持ち乗り越えろ。乱反射して覆いかぶさる未来。さらに襲いかかる不可解な希望。立ち止まる未来に前に進む希望を。今まで愛はどこにあったのだろう。行方知らずの恋はとめどなく、毎日誰かの手元で溢れ出ていた。わからないことを知っていながら知らないふりをして、生きてきた。次はそういかない。常に新しく生まれ変わり、私はまだ猿のまま。

どうやらたくさん話したらしい。

   2時近かったかな?その頃から、知花はブログによると、██さんとたくさん話せたらしい。

   それから4時半までだ!ずっと話して、どうやら肩の力が抜けたのか、これもブログによると、それを書いて、私に提出した(途中になってしまったが)。


元々彼に貸しているお金は、どうやら返ってこないとみている。なんせ大変な人だから。これは皮肉とかではなくて。その人の内面は立派だった。

   私が目覚めた時。その前は泣きついて、どうにもできなくて、その人を起こしてしまって、もう泣いて泣いてしょうがなくなるくらいにいたけども、すごく気持ちが軽くなっていた。知花がどうやら、話して、これは言い方が正しいのかわからないが、上手くやってくれたのだと思う。だからブログを書くくらい強くなれた。

   知花は立派な人だ。きっと。私がどうしようもなくなっていたから、眠らせて、知花が出てくれた。こうしてブログを書いてくれたのも、知花のおかげだ。

   またもやだけども、この言い方が正しいのかわからないが、知花、ありがとう。

   素晴らしい人だ。私より立派でね。何せ自立できている。それでいて、私を支えてくれている。

   短い文章だけど、この辺で一旦終わりにするね。

   知花、ありがとう。


あなたへ

 「私はジェットコースター」。絶叫マシンは嫌いでも、「私はジェットコースター」。そう古ぼけた天井を見つめふと思う。暗黙の了解で知花のことをふと思う。夢の幻惑の中で光が差したんだ。あなたという光が。時に労働をし、疲れていても、お手をどうぞ。一緒にですとも。昨日のマッハ5で吹っ飛んだ。ありったけの愛をかき集め、Tame impalaとTy segallで最高の夏と葬列の夏がまたやってくるだろう。

 「またパブロンかい?もうやめなよ」、自分にそう言いきかせる。沈黙の臓器。おしっ█が真っ黄色に、はたまたこれは、人工的に彩ったものか、自然なものか。██さんは「███とは何のこと?██の可能性とは?」と訊く。なんだかそう書くとscp財団っぽいね。とにかく依存と離脱をやめなければね。

 髪にワックスをつけるのも良いかなと思った。おいうつ病だぜ。これが?さぁ再びお手をどうぞ、お嬢様。マッハ1、2、3、4、5が良い?それともこたつでくつろいでいたいかい?お気に召すまま。ご注意願います。取り乱したり動揺した上でのクレームは一切受け付けておりません。そのために私にはあらかじめ、取扱説明書があります。よくお読みになった上で、お座席のアカシックレコードをしっかりとお締めになり、月の裏側でダウジングと洒落込みましょう。髑髏は今の所確認されておりません。

 なんの話だっけ。そうキョトンとして立ち止まりあなたの顔を覗き込む時間というのも、なかなか良いものだ。何度も言うように、さぁお手をどうぞ。「本質」を変質者のごとく見せびらかすのはどうかと思うぜ。勿論セットでついてくる繊細バーもご遠慮願いたい。

 たくさんの本に埋もれて全く身動きが取れないマルチーズと言ったら、少しは可愛いかな。気をつけろ!その犬は最高にハイの時もあれば立ち止まり、少しは落下するかもしれないけれど、もう大気圏を突破した臨時ニュースが流れてきた。さぁいよいよ我慢ができなくなって、涎にまみれて、まだまだ満足できないとハートを見つめ続けている。ところがどっこい、あっけらかんと、そんな気は見せずに、二人三脚で飛び立った。「風に吹かれて、今にも飛んで行ってしまうような危うさがある」と言われたことを思い出す。

 今日も今日とてサイケデリックロックに埋もれ、60年代の家具やファッションって良いなぁなんて思いつつ、虚空を見つめている。決して鬱だからじゃないぜ、ちょっと待って、今マルチーズのことを考えているから。

 「本当のことに嘘がちょっぴり混ざったら、どれが本当のことかわからなくなるでしょ」だなんて、どこかで聞いたことがある。グンニャリ、現実が空想と概念にまみれて、あなたは既に、私をどう扱えばいいかわからなくなっているのではないかい?安心してほしい。あなたとダウジングしたいだけだから。

 もっと時間を有効に使えなんて思ったりもするが、その使用、仕様ですので。どうかご了承を願いたい。タールとニコチンが強いあのまだらな草の生い茂るわかばじゃなく、アメリカンスピリットのライトに変えたことが、今できる最善の方法だ。静粛せい!男一匹が…ダウジングしたいと願います。人体の構造も脳の構造もよくわからないね。マッハ1から5くらいまでは、タバコ休憩の時間を取得しても構わないよ。

 原発事故や快楽殺人について興味を持つのは、今思えば中二病だった。今も絶賛14歳で、毎日@jal123_botは墜落しております。墜落するのはあの日付だけでいいと思うのだけどね。今も私は、めっさ良い匂い、めっさ良い匂い、メッサーシュミット良い匂いなんて言いつつ、あなたの抜け殻を抱きしめている。

 そろそろ潮時なんてどうか思わないでおくれ。最高の夏を迎えてみたいと思わないかい?さぁ彩ろう。強烈な視線を四方八方に送りながら、真夏の夜を、今度は音速で駆け抜けよう。ギラギラ照りつける太陽のもとで結婚し埋葬されるのが嫌なら、Blue jay way のもとで、一緒に月曜日の友達を待とうか。

 「なかなか骨の折れる変わった子だ、君は」、「漫画から出てきたようだ」といった内容の文章を、南の島から受信した。私は臓器提供者だぜ。可符香になるんだ。しかしそう簡単にへこたれずに、なんとかやっているよ。マッハな世界では「心配」だとか「安心」といった類が付いてこれないのも理解できるが、大丈夫だ。なぜなら、私がそう言うから。

 ヘイビッグブラザー。私はあなたに宣戦布告する。1984年をぶち破り、共に生きてみたいと思うからさ。まぁ、ともだけに?なんて、ね。

 ヘイブラザー。私はあなたに愛を捧げる。その愛っていうやつは、なかなかどうして、上記の「心配」だとか「安心」よりもずっと速いんだぜ。つまりはその心と共に、大気圏を突破できるということ。

 あなたは知らなかったみたいだから一応説明を加えておくと、こんな私でもAll things must passな世界観で物を見ている。でも過ぎ去るより早く宇宙の彼方まで飛び立つから、スターチャイルドになるんだ。もし幼年期の終わりが来ても大丈夫だ。なぜなら(以下略)。

 あ、ライターを忘れてしまわないように、バッグにぶら下げておける、ライターホルダーは便利だよ。何普通のことを書いてるんだ自分。2001年宇宙の旅を楽しまなきゃいけないのに!なんてね。

 まぁこの通り虹色に輝く私にも、雨のように降り注ぐ嫌な現実が、無いとは言えない。次もお医者さんに相談して、処方箋がまた書き変わるのを眺めるのだと思う。家から2000光年も離れて寂しいだなんて思ったりもするが、基本的には高速のちゃぶ台でお茶を飲みながらのほほんと過ごしているよ。ここ笑うところだよ。

 さぁ愛しているよ世界!人類!食物連鎖の最下層に位置してると豪語し自分で言うのも何だが私は速くて謙虚な風だと思っている。その位置でみんなを愛している。これ遺書にしても良いんじゃないかな。なんて物騒なことはとりあえず置いておいて、見渡す限り地平線が広がるくらいの高さまで、気球に乗りふんわりふんわり浮かぼう。

 いよいよ終わりが見えなくなって来た。ここまで読んでくれたあなた方には、宇宙の彼方からとても感謝していると送信するよ。きっと1年も経たないうちに地球は受信するんじゃないかな。知らないけど。

 私が好きな人、物は変わらずにその位置に固定している。きっと思いは死んでも残るだろう。好きと言う気持ちはさ。「恋が僕らが生きるのをやめさせない♪」なんて歌詞があったが全くその通りで、死ねないのさ。死なないけど。

 まぁ大好きなみんなで人生を楽しんでいこうと、最終的にはそれに落ち着く。それに私はすみっコぐらしが好きで、その食べ残されちゃったとんかつが大好きで、バイト代がそれに消えていく。それを眺めるのも良いものだ。

 知ることは好きだが勉強するのは苦手。使命感で肩に力が入りすぎて、辛くて辛くて日誌を書けないんだ。こんなことを音速で言うのもなんだが、聞き取れたかい?マイクは拾ってくれたかな。おまちかね、膝がガクガクショーの始まりは、薬を飲まないとやってはこないだろう。

 やってこい、夏!受けて立つぜ。全身全霊で迎え入れよう。風のように変われよ風景。そのためにはあなたが傍にいてほしいんだ。「あなたがここにいてほしい」。これが伝わるのは、きっとあなたかあなたじゃないかと思う。

 好きなんだ。とてもね。それこそ私が瞬きをする瞬間のように知らないうちに起こったものでさ。これは日記というよりラブレターだね。2000光年の彼方からお送りしているよ。もちろん、自作自演のかにはるの提供でお送りしています。

 さぁもう必死に、地球という自転公転に振り落とされないようにしがみ付いてる私が見えて来た頃かな。実は私は地球にいるの。愛する人を残して外にはいけないんだ。なんせビックリするくらい宇宙は暗くてね。あなたという光が必要なんだ。

    さぁ、お手をどうぞ。

 ああ……もう何と言ったら良いか。終わらせ方がわからなくなってしまったぞ。とりあえずここまでありがとう。かにはるの提供でした。ちゃんちゃん。