読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめて

 以前からブログを書きたいと思っていて(半年ほど)、もうこの状態が続くのは嫌なので、はじめました。

 

 

ブログを書きたくても迷っていた要因は、

  •  文章の構築が苦手で、上手く人に伝わる文章が書けるか?
  • 学がない
  • その時その時の気持ちの表明をしたいが、考えが狭く浅くなりがちでは?
  • そもそもブログにする必要はあるのか?

などです。

 

でも、結果始めることになりました。

要因として、

  • Twitterをメンヘラのごとく荒らしたくない
  • 気持ちの表明をしたい(記録に残して、それを自分で読んで、やっていきたい)

などがあります。

 

 したがって、まぁ読みやすい上手い文章を書くのは苦手ですが、自分自身のためにもやっていきたいと思っています。

 その時その時の気持ちを綴っていきたいので、「考えが浅いなー」という記事がほとんどだと思います。でもそれが今のありのままの私自身ですし、みなさん、温かく見守ってくれれば幸いです。

 

 

追記

出家とその弟子」という倉田百三の本が手元にあり、なにげなくめくってみましたら、おおとなりました。155ページの唯円とかえでの、手紙についての対話です。

 

かえで「(前略)書くことが下手ですもの。」

唯円「いろはで沢山です。また心に思うことを飾らずにすらすら書けば、ひとりでにいい手紙になるのです。お腹に真ごころさえあれば。」

 

後押しされた気分です。えへへ。