どうやらたくさん話したらしい。

   2時近かったかな?その頃から、知花はブログによると、██さんとたくさん話せたらしい。

   それから4時半までだ!ずっと話して、どうやら肩の力が抜けたのか、これもブログによると、それを書いて、私に提出した(途中になってしまったが)。


元々彼に貸しているお金は、どうやら返ってこないとみている。なんせ大変な人だから。これは皮肉とかではなくて。その人の内面は立派だった。

   私が目覚めた時。その前は泣きついて、どうにもできなくて、その人を起こしてしまって、もう泣いて泣いてしょうがなくなるくらいにいたけども、すごく気持ちが軽くなっていた。知花がどうやら、話して、これは言い方が正しいのかわからないが、上手くやってくれたのだと思う。だからブログを書くくらい強くなれた。

   知花は立派な人だ。きっと。私がどうしようもなくなっていたから、眠らせて、知花が出てくれた。こうしてブログを書いてくれたのも、知花のおかげだ。

   またもやだけども、この言い方が正しいのかわからないが、知花、ありがとう。

   素晴らしい人だ。私より立派でね。何せ自立できている。それでいて、私を支えてくれている。

   短い文章だけど、この辺で一旦終わりにするね。

   知花、ありがとう。