読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までとこれから

 私は、よく些細なことで人よりも酷く悲しんだり、落ち込みます。そして、慌てふためき、起こった問題や自分の立場を客観的に見れず、マイナス思考が堂々巡りし、深く悲しみます。その堂々巡りで気分が悪くなり、過呼吸が起こる時もあります。
 

 

    また堂々巡りしているために、その時の反省は全くちゃんとした反省ではないです。例えば、「こんなに迷惑かけたのだから、自分が死ねば〜」などといった具合です。しかし、それが落ち着いた時の思考は、大変澄んでいて、冷静な判断が可能になります。そして、「あの時の私の考えは間違っていた。こう行動し、慌ててしまった時は、こう考えれば良かったなぁ」などと自省します。

 

 また、あまり私は怒る方ではないのですが、怒った時は割と取り乱さずに、怒ってから短時間で上記に書いた様な、落ち着いた思考になれます。その思考を維持し、かつ些細なことで取り乱さずになりたいと思っています。そのせいで、周りに迷惑かけるのが多々あるのです。

 

 その為に、成長ノートというものを、一年ほど前からたまに書いています。内容はこのブログの趣旨と少し同じなのですが、自分の気持ちを綴る以外にも、細かいことでも達成したことを箇条書きにし、達成感を得て、自己効力感をもたらそうとして書いています。そういうこともこのブログに書こうかな……とも考えました。今。

 

 また、セントジョーンズワート、パンセダンを買って、イライラした時などにたまに飲んでいます。漢方の力で、体に良いことは良いのですが、市販のものなので当然はっきりとした効果は感じられません。しかし、何もしないよりは…と思い、飲んでいます。


 はっきりとした効果を感じられるのは、抗不安薬です。レキソタンは即効性があり緩やかに長い時間効くので、なかなか自分に合っていると思います。これを飲むと、焦った時や、ぼんやりして何も出来なくなった時や、過呼吸にとても効きます。もちろん軽い不安では飲まず、出来るだけ自分の気持ちで乗り越えるようにしています。同じ抗不安薬の括りですが、デパスは自分向きではないなと感じました。あまりにも不安な時はレキソタン、というのが自分の中で定着しているので、あまり試せず上手く言えませんが、これからもデパスではなくレキソタンでいいかなと思っています。


 しかし、焦燥感や不安への対処は、市販の漢方や抗不安薬で良いのですが、根本的な考えの方向を変えるのは、成長ノートやこのブログでは不十分だと考えています。その為には、認知行動療法が必須だと考えています。心療内科や精神科の受診も考えています。また受診を考える要因の一つとして、発達障害があります。これはまだ勿論受診していないために診断がおりておらず、詳しいことはわかりません。発達障害については、また別の記事に書こうと思います。


箇条書きにすると、

今取り組んでいること

  • 成長ノート→自己効力感をつける
  • 市販の薬や抗不安薬→焦燥感や不安などへの対処


これから取り組みたいこと

  • 認知行動療法→根本的に考え方を変える(人よりも些細なことでパニックになるのを改善したい)
  • 精神科or心療内科へ受診


です!やっていきたいです。